ページトップへ

少しゆるい感じのジャムの方が風味よく出来上がります!

材料は3つ!ぶどうジャムのつくり方

jam

45分


ぶどうジャム
お友だちからぶどうをいただいたので、ジャムを作りました。煮詰め過ぎず、少しゆるい感じのジャムの方が風味よく出来上がります!

材料:2人分

ぶどう(今回は、巨峰を使いました)…2房
砂糖…ぶどうの重量の半分
レモン汁…1コ分

つくり方

1.ぶどうは皮をむき、ハサミで半分に切って、種があれば取ります。ぶどうの皮から色が出るので、ブドウの皮は捨てずに置いておいてください。

2.ぶどうの皮は、2つくらいに分けて、キッチンペーパーに包みタコ糸でとめるか、紙パックに入れます。

3.鍋にぶどう、砂糖、レモン汁をふりかけ、20分ほど置いて、ぶどうから果汁が出します。

4.2のぶどうの皮を鍋に入れ、中火にかけ、木ベラでときどきかき混ぜながら、30分ほど煮詰めます。アクが出てくればすくい取ります。お皿にとって冷まし、とろみがついていればOK。煮詰めすぎないことがポイントです!

アサコmemo
保存する場合は温かいうちにビンの口いっぱいまで入れてふたをしめ、冷めれば冷蔵庫に入れます。保存に使う瓶は、熱湯消毒をしたものを使う、たっぷりの熱湯の中にビンとふたを入れ、5分以上沸かし乾燥させます。
  • LINEで送る
2016年8月31日

似ているごはんをさがす

あわせてどうぞ

Facebookでもあさこ食堂のごはんをお届けしています!

Twitterでもあさこ食堂のごはんをお届けしています!

コメントを残す

「あさこ食堂」 ごはん帖 曲げわっぱと常備菜で、おいしさぎっしり、おべんとう。 お麩研究部 あさこ食堂の一緒に食べたいおそごはん! LINE@はじめました あさこ食堂 for Babies お麩研究部
食材から検索 マイページログイン