ページトップへ

淡白な味わいのさけにぴったりの料理。

鮭のムニエル

fish

15分



この日は、具だくさんの豚汁が主役に、鮭のムニエルを合わせた献立でした。

写真は、2歳7ヶ月の息子の夜ごはん。胃腸の調子が良くないお父さんのためにうどんを作ったら、息子もうどんも食べたいと言うので少し取り分けました。

材料:2人分

生鮭…2切れ
小麦粉…適量
オリーブオイル(サラダ油でもOK)…大さじ1
バター…大さじ2(約25g)

*付け合せ
いんげん…10本(今回は、パプリカも使いました)
白すりごま…小さじ1くらい

つくり方

1.キッチンペーパーなどで鮭の水けをふき取り、全体に小麦粉を薄くまぶします。

アサコmemo
時間があれば、鮭に小麦粉をまぶす前にザルに並べて皮目に熱湯をまわしかけると、臭みがとれます。

2.フライパンにオリーブオイルを熱し、鮭の身を下にして並べ、中火で焼きます。焼き色がついたら裏返します。

3.弱火にし、バターを加え溶かしながら鮭にしっかり火を通します。この時に、長さを半分に切ったいんげんをいれ一緒に焼き、鮭を取り出したあとにいんげんに白すりごまをからめます。

  • LINEで送る
2017年3月9日

似ているごはんをさがす

あわせてどうぞ

Facebookでもあさこ食堂のごはんをお届けしています!

Twitterでもあさこ食堂のごはんをお届けしています!

コメントを残す

「あさこ食堂」 ごはん帖 曲げわっぱと常備菜で、おいしさぎっしり、おべんとう。 お麩研究部 あさこ食堂の一緒に食べたいおそごはん! Instagram LINE@はじめました あさこ食堂 for Babies お麩研究部
食材から検索 マイページログイン