ページトップへ

ソースの出来上がりと同時に、パスタが茹で上げましょう

あさりからでるだしを白ワインで煮詰めます!ボンゴレビアンコ

pasta

15 分


ボンゴレビアンコ
今回は、バジルとイタリアンパセリでつくりました。
ソースの出来上がりと同時に、パスタが茹で上がるようにします。

材料:2人分

パスタ…160g

あさり(殻つき、砂抜きしたもの)…350g
にんにくのみじん切り…1片分
赤唐辛子…1本
オリーブオイル…大さじ5
白ワイン…大さじ5

パセリのみじん切り…大さじ1
バジルのみじん切り…大さじ1

塩、こしょう…少々
仕上げ用パセリ…適量

つくり方

1.赤唐辛子はへたと種を取り除き、手で半分にちぎります。ソースの出来がりに合わせて、パスタを茹ではじめます。(1.5リットルの水に塩小さじ1の割合で)

2.フライパンに、オリーブオイル大さじ5、にんにく、赤唐辛子を入れてから弱火にかけます。

3.にんにくがきつね色になったら、あさり、白ワイン、パセリ、バジルを加え、中火にしてふたをし、あさりの殻が開くまで3分くらい蒸し煮にします。

4.ふたを取り、煮汁が白っぽくなり半分くらいになるまで煮つめます。

5.茹で上がったパスタと茹で汁少しを4のフライパンに加えてよく混ぜ合わせ、塩こしょうで味をととのえます。器に盛り、パセリ少々をふり、出来上がり!

アサコmemo
あさりの塩気があるのでいつものパスタより塩は少なめで茹でます。
  • LINEで送る
2015年2月16日

似ているごはんをさがす

あわせてどうぞ

Facebookでもあさこ食堂のごはんをお届けしています!

Twitterでもあさこ食堂のごはんをお届けしています!

コメントを残す

「あさこ食堂」 ごはん帖 曲げわっぱと常備菜で、おいしさぎっしり、おべんとう。 お麩研究部 あさこ食堂の一緒に食べたいおそごはん! LINE@はじめました あさこ食堂 for Babies お麩研究部
食材から検索 マイページログイン